2009年06月16日

IBM Aptiva E 143故障

IBMのAptiva E 143起動しなくなったとのことで持ち込み。
1999年2月モデル。さすがに壊れても納得の時代ですが、電源故障でした。

HDDを取り出して接続したところ正常に読めたのでデータだけ取り出し。
新しいPC購入をオススメすることになりました。
とりあえず、安さではDELLですが、量販店で機種をみてもらうことにして、本日終了。
パソコンの購入ポイントってのは、性能だけじゃなくて、デザインとかにも惚れる場合も多いので、量販店で一度見てくることをオススメすることも多いです。もちろん、見てもらった上で弊社で購入いただくことも多いのですが、あちこち見て比較したほうが絶対に良いです。

料金 8000円
(基本料金のみ データは取り出し後CDにてお渡し)

←往年のaptiva。
IBMからパソコンの時代は始まったのですが、IBMのパソコン部門が中国のレノボに買収されてからも久しい年月がたっております。HALとかIBMのアナグラムってもう今は誰も思わないんでしょうね・・・。



同じカテゴリー(事例紹介)の記事画像
PC-9801
IEとか修復
PC不調Gateway
HDD交換とリカバリ
Ubutsu
VAIO修理
同じカテゴリー(事例紹介)の記事
 PC-9801 (2010-05-25 22:05)
 IEとか修復 (2010-02-13 22:56)
 PC不調Gateway (2010-02-11 23:17)
 HDD交換とリカバリ (2010-02-09 22:01)
 Ubutsu (2010-02-05 22:04)
 VAIO修理 (2010-02-04 21:15)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。